BLOG


ブログ

今では生活に欠かせないパソコンですが、私が使い始めてもう22年余り。
初めてパソコンを購入したのが1996年。
忘れもしない、Macintosh Power Book Duo ♪
 
液晶部分を折り畳み、ドックと呼ばれる本体に押し込むと、ゆっくり吸い込まれていきます。
ドッキングが楽しかった分、価格は2ヶ月分の給料が飛んでいった様な記憶があります。
しかしながら、ノート型本体はとても重く、持ち歩いて使えるような機動性は無く、
ほとんどドックに収納されてデスクトップ化していました。
 
 
そんな高価なMacでの主な作業は文章作成や表計算程度。
また、当時は通信も世界も黎明期で、電子メールアドレスを持っているだけで最先端。
インターネットも黎明期で、閲覧するブラウザーもNetscape(ネットスケープ)、プロバイダーもbekkoame(ベッコアメ)という時代。
もちろん、日本語のホームページはほとんどありませんでした。
肝心のMac本体の日本語OSも、「漢字Talk(漢字を話す:笑)」と名付けられていたくらい、
日本語変換がたどたどしくて困ったものでした。
 
            
 
そして、仕事の道具としてMacを使用していて何より困ったのが、「爆弾アイコン」が頻繁に出てしまうシステムエラーの状態。
当時のMacのOSは今ほど安定していなくて、この爆弾が日常茶飯事でした。
さらに、正常なOS起動時の「Happy Mac」アイコンが、何らかの原因で「Sad Mac」アイコンになった時は、
システム・クラッシュの状態を示すので、何度落ち込んだ事か・・・。
若いスタッフが自分のパソコンのシステムクラッシュに備えていないのはこの経験の違いなのでしょうね(汗)。
 
 
 
 
当時は恨めしかったSad Macアイコンも今では愛嬌を感じて懐かしくもあります。
これらアイコンをデザインしたスーザン・ケア氏の現代に作品の一つが、
どーもくんアイコンであると知ったときには妙に納得したのでした♪