BLOG


ブログ

皆さんいかがお過ごしでしょうか。

一昨日台風12号が大阪を通過しましたが、皆さん被害に見舞われなかったでしょうか。
通過後の昨日は、台風一過で過ごしやすい一日でした。

ロードバイクでの帰宅は、久しぶりの気持ちよさを感じながらでした。

 

さて本日は、仕事のツール編をお休みして以下の設計ヒアリングについてご説明いたします。

 

弊社は家づくりのイロハ、ハのSTEP2に記載しています初回提案を3回に分けてファーストプランの提案を行います。

http://www.fukuda-lld.jp/iroha/ha/

1.設計ヒアリング
2.プレゼンテーション(ご提案)
3.フィードバック

 

上記1.の設計ヒアリングでは、以下の内容について詳しくヒアリングを進めていきますが、どのようなことを具体的にヒアリングしていくのかを説明いたします。

1.現在のお住まいの困りごと
2.要望(間取り・意匠・機能・性能)※NGワード
3.必要面積
4.費用試算表(自己資金・住宅ローン)
5.コンセプト(優先順位のキーワード)
6.スケジュール

 

あらかじめ住宅計画ヒアリングシートを事前にお送りして以下のご記入をいただきます。

内容は、以下の5つの項目です。

1.現状把握
2.意匠
3.機能
4.性能
5.間取り

 

詳細をご説明しますと

1.現状把握では、
温熱的なヒアリングで光熱費また冷暖房の使い方、ご家族が暑がりなのか寒がりなのかなどご記入頂きますので、具体的な空調計画などのご提案に役立てます。

2.意匠では、
意匠面、外観などどこまでのこだわりをお持ちなのか、おまかせ頂けるのかなどご記入頂きます。    

3.機能では、
ご希望の設備他、動線などご記入頂きますので、ゾーニングの際にこだわりの動線など考慮致します。

4.性能では、
弊社の標準仕様以外にご希望の性能が必要な場合にご記入頂きます。

5.間取りでは、
3.機能の動線も含めたゾーニング、必要なお部屋をご記入頂きます。

 

次回は設計ヒアリング②としてヒアリング内容について具体的にご説明致します。

※ゾーニング(計画上のプロセスの一つで、空間を機能や用途別にまとめて必要な空間の大きさを設定し、相互の関連を見た上で位置関係を決定する設計手法です。)