BLOG


ブログ

皆さんいかがお過ごしでしょうか。  
 
来週もまた台風の上陸予報で心配ですが、先月8月は非常に多い台風発生件数9件でした。
例年に比べ今年は非常に多い台風の発生数ですので、今月も十分に注意して備えましょう。
 
 
 
 
さて本日は、プレゼンテーション(ご提案)後のフィードバックについてご説明いたします。
 
 
家造りのイロハ、STEP2でご紹介している提案申し込み、前回ご紹介したプレゼンテーション後の
『フィードバック』です。
 
 
プレゼンテーションを受けた後、その提案書をお持ち帰り頂いて、ご夫妻・ご家族でじっくりとお話し合いください。
提案内容の予想以上だったところも、ご要望にそぐわなかったところも、正直にフィードバックして頂けると今後の基本設計により良い影響がありますので、お話し合いをする時間をしっかり作って頂き余裕を持ってフィードバックの日程を設定させて頂きます。
また今後の設計申し込みのご意向の有無も合わせてお知らせ頂きます。
 
 
 
フィードバック時の内容について、以下に抜粋してご説明いたします。
 
 
■ご要望の反映度合い、コンセプトおよびプランについて
ご提案内容は、住宅設計のプロとしてのご提案をする上で、家事動線他さまざまな要素をバランスよく考えながら最適解を導き出した平面・断面・立面・構造計画・ご予算その他を検討した結果ですが、ご要望にそぐわなかった部分があればプランが成立するか否かはお客様ご自身で考えずに忌憚のないご意見をフィードバックください。
改めて弊社とじっくり意見を交わすことで、優先順位なども変わってくるかもしれません。
それがご希望に沿うプランの早道になればと考えています。
 
 
■省エネ性能について
プレゼンテーション(ご提案)は、盛り沢山なコンテンツになっています。
間取り他プランに関する項目以外にも省エネ性能についてのコンテンツは、快適で豊かに暮らすために重要なファクターであると考えていますので、内容についてもお客さまと共有しご理解頂きたいと思っています。
よって間取り他プランに関することだけではなく、不明な点があればこちらもご意見頂戴できればできるだけわかりやすくご説明し、お客様には省エネ性能への見識を深めて頂きたいと考えています。
 
 
 
※フィードバックでは、次のステップである基本設計で行う間取り他プラン決定のためのお打ち合わせだけでなく、お客様に弊社の家づくりの理解をさらに深めて頂く機会だとも思っていますので、忌憚のない意見をお待ちしております。