BLOG


ブログ

この度の熊本県を中心に発生した熊本地震により、尊い命を奪われた方々のご冥福をお祈りいたしますととともに、震災に遭われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

連日放送される報道やニュースで被害状況が明らかになってくる中、私たちが住む日本は地震大国であることを再認識するとともに、家屋の倒壊による被害の大きさに改めて“家が凶器”になることを痛感させられました。

建物を建てるということはそこに住む人の「命」を預かるということ。

家づくりに携わる者として、改めて「耐震性」の重要さを再確認すると共に、家が家族を守る“シェルター“のように安全で安心できる家を提供する使命があると強く思います。

復旧・復興に向けた動きも徐々に始まっているようですが、連日頻繁に発生している余震でこれ以上被害が広がらないこと願います。
また、被災地等におきまして、救援や復興支援などの活動に尽力されている方々に深く敬意を表しますとともに、皆さまの安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

taishin100