BLOG


ブログ

政府は2020年に建つ標準的な新築住宅を、平均でZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)にすべく推進しています。

そのZEH。
誰も損をしない、近江商人ばりの「三方よしの技術」ではないかと思えるのです。

「買い手よし、売り手よし、世間よし。」

買い手は、もちろん家を建てたいと考えているお客様。
ZEHを建てたお客様は、エネルギー面においてもノンエネルギー面においても両方の利益を享受できます。

また、私たち売り手がお客様から頂くZEHの原資は、本来お客様が電力会社に払う電気料金なので、それを私たちが仕入れで使うことで地域にお金が循環し、地域経済にも貢献できます。

そして、ゼロ・エネルギー化によるCO2の削減によって、今や地球規模の課題である温暖化対策にも貢献できる訳です。

どうでしょう?
正に「三方よしの技術」だと思われませんか?

こんな観点から、私たちフクダ・ロングライフデザインは、今年もZEHの普及に貢献していきたいと考えています。

※挿絵は「三方よしを世界に広める会(http://www.sanpoyoshi.net)」より出典