CONCEPT


コンセプト

RESPONSIBILITY

3つの責任

私たちには「3つの責任」があり、
私たちの家づくりの根幹を形成しています。

家づくりにおいては近視眼的な考えに陥ることのないよう、長期にわたって住み手が享受できる効能や利点を最大限に引き出すことこそ、家づくりのプロとしての役割であると考えます。なぜなら、家づくりはこの先25年・50年・100年と、子や孫の世代にも及ぶ大切な資産形成の第一歩となるからです。そして私たちには「3つの責任」があり、その義務を果たすべくこれまでにも様々な取り組みを行なってきました。

人命・財産に対する責任

1995年の阪神淡路大震災の教訓から、全棟構造計算による耐震強度設計を実施し、
今後長期に渡って住み継いて頂くため、SE構法で建てる長期優良住宅を建物の基本性能としています。
2000年
全棟構造計算「SE構法」を標準採用
2010年
長期優良住宅認定を標準採用
2012年
耐震等級3(最高等級)を標準化

「人命・財産に対する責任」に関するコラム

OUR CHOICE IS...

全棟SE構法による長期優良住宅

柱と梁で支えるラーメン構造のSE構法が生み出すのは、木造では不可能だった間仕切りや柱のない開放的でフレキシブルな空間。これまで、耐震性を確保する一方で開放感を犠牲にしなければならかった3階建てや狭小住宅におけるワンフロアーのワンルーム化も、高い構造性能(耐震等級3・耐風等級2)を確保しながら実現することが可能です。 極力、耐震壁を外壁のみとし、柱も室内に設けず、明るく風通しの良い開放的な空間を実現し、将来の間取りの変更に柔軟に対応できるのも一邸一邸の構造計算を行う木造ラーメン構法(=SE構法)で可能となるのです。

写真:阪神・淡路大震災「1.17の記録」

住み手の健康に対する責任

住宅の断熱性能の向上と共にますます高気密化が進む中、私たちは建材に使用されている成分を確かめ、
シックハウスの危険性を持ち込まない確かな室内空気環境性能を実現しています。
2006年
国産無垢フローリングの標準採用
2008年
無添加漆喰による内装仕上げの標準採用
2010年
ホウ酸による防蟻処理・木材保護処理の標準採用
2012年
ベンガラと食材による室内塗装の標準化

「住み手の健康に対する責任」に関するコラム

OUR CHOICE IS...

本物の自然素材、無添加素材の使用

わたしたちの家は、室内の全ての壁・天井に「漆喰(しっくい)」標準採用しています。良質で白度の高い高知県産の石灰岩を使用し、化学物質を一切使用せず、割れ難くメンテナンス性も容易になるよう独自の改良を加えた、無添加住宅オリジナル漆喰です。漆喰は、高い耐火性・耐久性を持つことから、古来から城や蔵の壁にも用いられてきましたが、現代の住宅においては、漆喰の吸放湿性によって室内の湿度を適度に調整し、家具や衣服などが持ち込んでしまったシックハウスの要因となり得る化学物質を吸着分解する優れた機能も見直されています。

地域社会・地球環境に対する責任

低燃費ながら快適に住まうための「パッシブデザイン」の導入。
より快適性を求めた床下冷暖房システム「Passive冷暖」の導入。
そして2020年へ向けた「パッシブZEH」の標準化へ取り組んでいきます。
2010年
パッシブデザイン手法の導入/床下冷暖房システムCCF STYLEの導入
2012年
1棟目となるZEH(ゼロ・エネルギーハウス)の竣工
2013年
2棟目となる二世帯型ZEH(ゼロ・エネルギーハウス)の竣工
2016年
パッシブZEH(低燃費性能+床下冷暖房+創エネ)を提唱

OUR CHOICE IS...

パッシブZEHとパッシブ冷暖の導入

これからの家づくりにおいては、「低燃費と快適性」を両立することが重要です。低燃費の実現においては、先ず太陽熱を上手く利用すること。更に、建物外皮の高い断熱性と気密性を確保することが重要です。これらによって、外気温に左右されにくい室内温熱環境を実現し、無暖房・無冷房でも冬は暖かいまま、夏は涼しいままの快適性が持続でき、最小限の創エネによってゼロ・エネルギーを実現できるのです。私たちはこのような建物の低燃費性能がもたらすゼロ・エネルギー・ハウスを「パッシブZEH」として提唱しています。

更に、心地よい快適性を実現するのが、床下空間を利用したエアコンによる暖冷房システム「パッシブ冷暖®」です。冬は暖かい空気が床下空間を通じて隅々まで届き、夏は床下に留まっている冷たい空気を吸い上げてシャワーの様に落とすことで、快適な温度環境を保ちます。このパッシブ冷暖の心臓部はヒートポンプを利用したエアコンですから、効果とランニングコストの両面から高い満足度をもたらしてくれます。