HOME DICTIONARY


住まいの辞典

耐震構法SE構法

スケルトン

用語の解説

耐震構法SE構法は、木造住宅でも鉄骨造なみの耐震性を実現する構法です。一般的には「工法」という漢字を思い浮かべがちですが、建築用語では構造物の設計や施工に関する技術のことを「構法」と呼び、SE構法はまさに住宅の構造部分を担う重要な技術なのです。

SE構法で施工された住宅は木造住宅の水準を上回る緻密な構造計算がなされ、耐震性に対する高い信頼と保証をお約束できます。フクダ・ロングライフデザインでは全棟でSE構法を採用しています。

私たちがSE構法を選んだもうひとつの理由は、柱と梁で支えるラーメン構造ゆえに広々とした自由な空間づくりが可能になることです。在来工法と比べると壁や仕切りの数が少なくて済むため、明るく風通しのよい開放的な空間が生まれ、将来的なリフォームの可能性も大きく広がるのが特徴です。

この用語に関連する物件