EVENTS & SEMINARS


イベント・セミナー

必須参加希望のイベント

14:30最終受付となります

構造見学会(3階建て・オーバーハング)

513(日) このイベントは終了しました

耐震構法SE構法の骨組みを1日限定公開!

イベント概要

完成したら見ることが出来ない、
家の内側を見学出来るのが「構造見学会」 包み隠さず、全てお見せします。

狭小間口も得な SE 構法ならではの「開放感」と、 魔法瓶のように「断熱」材で包まれた家の暖かを体感できる構造見学会を1日限定で開催いたします。


「構造見学会」では、なにを知ることができるのか?

SEblog2

構造見学会では、工事中の「今!」しか見ることができないSE構法の骨組みを支える構造計算に裏付けされた「基礎」や「家の骨組み」、家の低燃費性能を保つ上で重要な「断熱」や「気密」といった、完成すると見ることができなくなる〈家のウラ側〉を見ることができるで見学会です。
SE構法ならではの将来のライフスタイルの変化にも対応出来る《スケルトン&インフィル》の空間を体感できる絶好のチャンスです!


 

「日本の住宅を100%耐震住宅に。」

私たちフクダ・ロングライフデザインは、この活動に参加しています。

東⽇本⼤震災以降、多発する地震災害に⾒舞われている我が国の現状において、家族と暮らしの安全を守る住宅の耐震化が重要であることは⾔うまでもありません。
しかし、多くの⼈々が暮らす⼀般的な⼆階建て以下の⽊造住宅の81%が、構造計算を行っていません。この事実は、⽇本の住宅の耐震性能が、極めて脆弱な環境に置かれているということを⽰しています。その耐震化や、構造計算の徹底推進を阻害する⼤きな要因の⼀つが、「建築基準法第6条・四号特例」です。
この法令は、鉄⾻、あるいは、三階建て以上の⽊造建造物等に義務づけられている建物の構造計算を、「四号建築物」として区分されている⼆階建て以下の⽊造住宅については、⼿続きの簡便性という理由から実質的に⾏わなくてもよいという特例事項です。
私たちは、この「四号特例」は、⼤きな過ちであると考えます。そして同時に、確かな「構造計算」が必要です。鉄⾻マンションであれ⽊造住宅であれ、「住宅」が、安全な暮らしを守る器であることに変わりはなく、すべての住宅に確かな「構造計算」が必要です。
私たちは、⽇本の住宅資本の強靭化、即ち、地震災害に強い安⼼できる暮らしの実現に向けて、まず「四号特例」の廃⽌を目指し、その上で、確かな耐震基準に基づく住宅の普及を推進していきます。

⼀般社団法⼈ 耐震住宅100%実⾏委員会


《現場特別セミナー同時開催決定!》
「後悔しないための構造・性能セミナー」
□時間:13:30〜14:30|無料
SEblog3
特別現場セミナーも同時開催!実際の新築現場を体感しながらだからこそ、より深くSE構法について学ぶことができる滅多にないセミナーです。
この機会にぜひお話を聞いていただければと思っております。
 
・SE構法と在来構法の違い
・資産価値の高い家づくりのポイント
・健康で快適に過ごすために知っておくべき「性能基準」
 
家づくりをはじめる前に知っておくべきポイントをわかりやすく解説します。
ぜひ、お気軽にご参加下さい。


DATA

▶敷地面積: 90.13㎡[27.26坪]
▶延床面積:121.41㎡[36.73坪]
   1階: 45.62㎡[13.80坪]
   2階: 47.24㎡[14.29坪]
   3階: 28.55㎡[8.64坪]
▶施工面積:131.89㎡[39.90坪]
▶その他:長期優良住宅認定

 

参加お申し込み

必須氏名

必須ふりがな

必須メールアドレス

必須参加人数

おとな名 こども

任意お子様の年齢
(複数の場合は「、」などで区切ってご記入ください)

任意電話番号

任意メッセージ

詳細情報

このイベントは終了しました

イベントの種類
現場見学会
開催日時
開催場所
大阪府大阪市
大阪市内 (14:30最終受付)
※ご予約の方に、詳しい地図をお送りします
駐車場
近隣に有料駐車場あり
キッズスペース
なし
参加費用
無料
講師/ゲスト
澤田 貴史氏/(株)エヌ・シー・エヌ 

5月13日お施主様のご好意で新築現場をお借りしてSE構法の構造を
見ることが出来る「構造見学会」を開催いたしました。

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
あいにくのお天気でしたが、たくさんのお客様にご来場いただき
体験していただけましたので、イベントの様子を少しご案内いたします!

今回見ていただいたお家は、
3階建てのうち2階と3階部分が吹き抜けのあるお家です。

 

 

敷地は大阪市内の谷地形で、歴史ある建物や街並みを活かしたセンスの良い
リノベーション店舗が点在する人気のエリアです。
 
ご要望は
・防犯対策
・プライバシーの高いリビング・ダイニング・キッチン
・室内干しスペースがほしい
・駐車スペースと駐輪スペース4台
・家族の洋服をまとめてしまえるファミリークロークがほしい
 
上記要望をキーワードに計画をスタートさせたお家になります。
 
↑上の写真が吹き抜けのLDKです。
横にか掛かっている梁は仮の足場で完成時には無くなるんだそうです!


 

設計担当の古橋のブログでも掲載していた梁を組み立てている時の画像ですが1本1本の柱がとても太いです。

1棟1棟、鉄骨造やRC造と同じ手法で構造計算をしている「耐震構法SE構法」。

文字だけ見ていると何だか難しいですが、実物を見るとなるほど!っとなります。

お家が完成してしまうと見えない要の柱や接合部のSE金物、配管や断熱材などなど、、

実際に見て、感じていただけるとても貴重なイベントです。


こちらはセミナーの様子です。
 
SE構法の技術提供をしてくださっている(株)NCNから澤田さんが
講師として来てくださいました。
一級建築士の資格を持たれいるので、とても詳しく、又分かりやすくお話をしてくださり、弊社の千知岩も聞き入っていました^^
 
このようなイベントを通じて木造住宅の違いやなぜ構造計算が必要なのかなど少しでも「構造」の大切さについて知っていただけていたら幸いです。
 
7月中旬に完成見学会を開催する予定ですので、ぜひご参加いただければと思います。


UDさまへ
構造見学会の開催にご快諾いただきありがとうございます。
貴重な機会をいただき、スタッフ一同感謝いたします。
完成までもう少しではありますが、引き続きどうぞ宜しくお願いいたします!