NEWS


お知らせ

logo_pattern_pattern_01_01 今月発売の「日経ホームビルダー・12月号」に当社が参加している「里山住宅博in神戸2016」についての記事が掲載されました。

“里山住宅博in神戸2016”とは、兵庫県と大阪府の工務店が、分譲地を開発・販売するプロジェクト。ハウスメーカーの住宅展示場と違うのは、地域工務店が建てる「木の家」が集まった展示場。

テーマは「里山」

分譲地の北斜面には、ウメ、ビワ、クリ、カキといった果樹や、地元に次税するコナラやカシワなどの木を上、遊歩道のを配して「里山」として整備。「里山」で出来た果樹は住民が収穫して食べることもできる。

当社は、この「里山」に面した敷地にモデルハウスを建てます。

201512_nikkeiho-mubiruda-12また、分譲地全体の付加価値を高めるため、ランドスケープデザインの専門家であるプランタゴ代表の田瀬理夫さんが町全体をデザインすることで統一感ある町並みを形成することと、建築家と工務店とコラボした設計施工された家が見ることができるのもこの住宅博ならでは。目玉は、堀部安嗣建築設計事務所の代表堀部安嗣さんと松澤穣建築設計事務所の代表松澤穣さんが設計する「ヴァンガード・ハウス」(先進の家)も建設される。

どんな住宅展示場になるのか、今からとても楽しみです!

当社が建てるモデルハウスについては、今後いろいろなカタチでお伝えさせていただきます。