CONCEPT


コンセプト

住まいの性能コラム

ゼロエネルギーハウス(ZEH)|堺市H様 平成25年度

インタビュー【地域社会・地球環境に対する責任】

COLUMN No. 0008

ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)を建てられた堺市のH様。
ご両親、ご夫婦、そして3人のお子様の計7人が暮らす二世帯住宅です。
ご主人は建材を扱うお仕事柄、以前よりフクダ・ロングライフデザインをご存知だったとのこと。数ある大阪の工務店の中から、フクダ・ロングライフデザインをお選びいただいた理由、そして光熱費のかさむ大家族でゼロ・エネルギーハウスを実現できた秘訣についてお聞きしました。

聞き手 - F(フクダ・ロングライフデザイン)

住まいのプロが選んだフクダ・ロングライフデザインの家づくり

- F

こちらのお宅を建てるきっかけはどのようなことでしたか?

ご主人

それまで住んでいた分譲マンションが、夫婦+子ども3人ではだんだん手狭になってきた事ですね。また、両親が高齢になって、健康の心配が出てきたため、築35年だった実家を二世帯住宅に建て替え、一緒に住もうということになりました。

- F

ご主人はお仕事柄、住宅業界にお詳しいとお聞きしました。
一般の方と家づくりのすすめ方に違いはありましたか?

ご主人

いえ、大きな違いはありません。みなさんと同じく住宅展示場にもいきました。両親としては、やはり大手のハウスメーカーに頼んだ方が安心ではないかという考えが強かったため、その意向も尊重しました。
実は私は以前からフクダさんの家を知っていたんです。現場へ行ったことも何度もあるんですが、仕入れ先などへの現場スタッフの対応の良さがたいへん印象的でした。もちろん、建てている家も「いいな〜」とは思っていたんですが、同時に「高いだろな〜」と思っていました。

- F

結果的にフクダ・ロングライフデザインで建てることになりましたが、ご両親的には問題ありませんでしたか?

ご主人

内心は最初からフクダさんにしたかったこともあり、「小さくても良い工務店さんがあるんだよ」と説得しました。私が同じ業界に携わっていることもあり、最後は信頼してくれたようです。 実は私としては「中途半端な家を建てるんなら、前のマンションのままでもいいかな?」とまで思っていました。仕事柄いろんな家を見ているので、ビニールクロスの壁や合板フローリングの家は絶対にイヤだったんです。フクダさんの家のように、無垢板フローリングや無添加漆喰の家に是非ともしたいと考えていました。

- F

ご主人主導で家づくりをすすめられた感じですが、奥様はいかがでしたか?

奥様

ハウスメーカーさんは名簿登録したら、翌日から電話攻勢や自宅訪問があり、戸惑うばかり。それに比べてフクダさんはセールストークは一切なく、福田さんや千知岩さんもいわゆる「工務店の経営者」イメージとは正反対の人柄だったのが、印象的でしたね。

- F

勉強会や見学会には参加されましたか?

奥様

「資金計画セミナー」はたいへん勉強になりました。見学会も参加しましたよ。全部で19回。フクダさんのお客さんの中では最多記録だそうです。

- F

H様のお宅は「平成25年度 ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業」の補助金を受けられたゼロエネ住宅です。

ご主人

時期的に東北の震災の後であったこともあり、結果的には補助金の対象になりましたが、基本的に自分が建てる家は省エネ&創エネ住宅にはしたいとは常々考えていました。太陽光発電とLED照明は当初からの希望です。補助金により、「省エネ住宅」から「ゼロエネ住宅」にスペックアップしたという感じですね。

- F

実際、設計を進めていく中でのご苦労は?

ご主人

二世帯住宅は消費電力、給湯使用量も多いので、ゼロエネにするための消費エネルギー削減と創エネ設備は結構たいへんでしたね。 断熱性能をQ=1.19、気密性能をC=0.6まで高める必要がありました。北海道並みの断熱気密性能です。また、太陽光発電パネルも8kwのものを搭載しなければならなかったため、2階の大屋根と1階の平屋部分(ご両親の居室の屋根)を使いました。さらに、太陽熱温水器も搭載しているため、夏場は給湯に要するエネルギーは全く使いません。

- F

実際に住まわれてみての感想はいかがですか?

奥様

両親が一足先に2月に入居したのですが、昼間は暖房を入れずに過ごせると聞いて驚きでした。その後3月に私たちも入居したのですが、実際にそのとおりでしたね。夜、寝る前に暖房をいれて寝室を暖める程度で済むんです。 ただ、あまりに室内が快適すぎるため外の様子が分からず、外出時に着るものに悩むという困った事もあるんですよ。

- F

これから本格的な夏に向かう訳ですが(取材は6月末)、いかがですか?

奥様

暑い日でも、窓を開けておけば風が抜けるので、エアコンなしでも大丈夫ですね。それと漆喰と無垢フローリングの調湿作用で蒸し暑くなく、さらっとした感じで過ごせます。

ご主人

設計〜建築の時期が消費税が5%から8%に上がる時期と重なり、仕事でてんてこ舞い。フクダさんに連絡するのはいつも深夜という中での家づくりだったのですが、やはり建てて良かったなと、いまは思っています。
趣味のキャンプ用品を置くスペースもちゃんとできましたしね。

奥様

私たち世帯と両親世帯との動線や、生活時間帯を考慮した遮音の計画など、自分たちでは気がつかない細かな気配りがされた設計がすばらしいなと改めて感じています。また、キッチン空間の居心地が良いせいのか、こちらに引っ越してきてからは、娘たちが料理をするようになったんですよ。家のつくり方で家族の暮らしまで変わるんですね。

- F

ご家族みんなが満足された家づくり、うらやましい限りです。お話ありがとうございました。