BLOG


ブログ

こんにちは、設計の古橋です。

実施設計中の東大阪ON邸プロジェクトについて。
次週の電気設備の打合せに向けて、今日は照明プラン等を検討していました。

考えどころは4.4m×3.2mの吹抜け(SE構法ならでは!)下部にあるダイニング・キッチンの照明プラン。
一般的なシーリング 照明の設置が不可な分、スポットライトやブラケット照明、そのほか間接照明など、
バリエーションは豊富です。

個人的には、ダイニングテーブル上部に壁面から持ち出しのペンダント照明、キッチンの手元灯、
それから階段のブラケット照明、2階ホールのダウンライト程度の配灯で、電球色で控え目に照らしたいところですが、
明るさ重視のご要望をいただいているため、加えて吹抜け壁面にライティングレールを配しています。
また打合せで施主様と一緒に決定していきたいと思います。

弊社の照明計画は、部屋を全体的に明るく照らすのではなく、必要なところに灯りを落とすニュアンスで考えています。
今年2月に竣工した大阪市MH様邸も然り、リビング壁面を照らす間接(コーニス)照明、キッチン作業面を照らすダウンライトなど。

真鍮ソケットのペンダント照明は、意匠的観点から施主様によるセレクトです。遊びごころがあり素敵ですね。

光の感じ方は十人十色で最適解を導くのがむつかしいところです。
ひとり机上で考えを巡らすだけではなく、施主様との対話が何より大切であることを胸に精進していきたいと思います。