BLOG


ブログ

先日、家作りの担当をさせて頂いている

YU様邸にて第1回実施打合せ(構造・外構)を行いました。

第1回実施打合せでは、主に以下の内容を打合せします。

 ①サッシの平面上における位置

 (詳細な高さの決定は、実施打合せ③で行います)

 ②サッシのガラス種類・サイズ・ハンドル等仕様

 ③間仕切り壁の位置(通路等有効幅の確認も含む)

 ④室内建具の位置

 ⑤おおまかな外構計画、建物配置

上記の内容を、平立面図と鋼製建具表を確認して決めていきます。

 

第1回実施打合せでサッシ・間仕切り壁・室内建具の位置を決める理由は、

それらの位置が構造に関わるためです。

 

例えば、この図面。

右側の青い壁は、耐力壁です。

サッシを青枠の場所から赤枠の場所に動かしたい場合は、

このままだと耐力壁・柱に干渉するので

サッシに干渉しないように耐力壁の配置や長さを調整していきます。

 

第1回実施打合せ後に躯体の構造計算に入るのですが、

構造の調整をよりスムーズに行うために

まずはこの耐力壁の位置を決めたいのです。

そのため、第1回実施打合せでは

サッシや間仕切り壁・室内建具の位置を決めています。

 

実施打合せってどんなことをするの?

というお客様の疑問を少しでも解消できればと思い、これから実施打合せについて書いていきたいと思います(^^)