BLOG


ブログ

本日2月22日は「食器洗い乾燥機の日」

日本電機工業会が制定。
食器洗い乾燥機によって食後のゆとりができ、夫婦だんらんの時間ができるということから、
「ふう(2)ふ(2)にっ(2)こり」の語呂合せだそうです。

我が家も数ヶ月前に置型ですが食器洗い機を導入しました。
導入したての頃は、プラスチック製品を曲げてしまったり、洗剤を切らせてしまい手洗いする羽目になったりと苦労しましたが、
今ではサイズ的に入らない鍋以外はすべて洗う!というくらい使いたおしています。
スプーン一本手洗いしません(笑)

共働き家庭が増えたこともあり、家庭内分業から家事育児のシェアという考え方が広がり、
さらに時短家電によって家事の絶対値を減らしてしまおう、という考え方が生まれました。
「家事は家電とシェアする時代」というフレーズが誕生し、その言葉どおり自動洗浄機能付きトイレやユニットバスも発売されています。
洗濯機だって、乾燥までどころか洗剤だって自動投入で、本当にボタンひとつ。
子供の頃の二槽式が遠い昔のようです。
そのうち、料理だってしてくれる大衆向けキッチンが発売されるはずなので、楽しみにしています。
(北京オリンピックの食堂も、調理から配膳までオールロボットでしたね!)
そう遠くない未来では、1から料理をすることが、バレンタインやクリスマスにお菓子を作るような少し特別なこと、になるのでは?と考えたりします。


(こちらはもうすぐ発売とのことですが、3000万円ほどするそうです。By Moley Robotics)

話がそれましたが、家事の負担をへらす家電が増えることで、他のことに使える時間が増えることは間違いありません。
時間がいくらあっても足りない、私のような子育て世帯にはとんでもなくありがたい発展なのです。
でも先立つものが、、、どこの世帯にも共通の悩みでしょうか。。。
時短家電の導入に、補助金がでる制度が!
「こどもみらい住宅支援事業」といって、カーボンニュートラル実現の観点から創設された事業です。
カーボンニュートラルを軸としていますので、断熱改修等が必要ですがその中に「ビルトイン食洗機」の導入が項目として入っています。
家事負担軽減に資する住宅設備として他にも、掃除がしやすいレンジフードやビルトイン自動調理対応コンロ、浴室乾燥機、宅配ボックスなどがはいっています。
新築工事はもちろん、改修工事でも対象になりますので、気になるかたは下記、ご確認ください。

https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000195.html 
国土交通省 「こどもみらい住宅支援事業について」)

我が家も断熱改修工事をしようか、検討中・・・です。

断熱、気密はもちろんのこと、家族全員が快適に過ごすために考えに考えられたお住まいが奈良に完成します。


2月26日(土)2月27日(日)|完成見学会|異勾配屋根とドーマーをもつ北生駒の家|
【来場・オンライン】どちらか選べる見学会
https://www.fukuda-lld.jp/events/?p=28739&post_id=28739