BLOG


ブログ

来月の完成見学会の告知も始まりました、豊中市 FM様邸。
約2ヵ月の木工事期間を終え、仕上げ工程に差し掛かりました。
 
この期間からは数日単位で職種が入れ替わり、より家らしくなってくるものです。
先日は木工事の完了を待たず、内装タイル、玄関土間モルタルの施工を先行して行いました。
 
「この日に左官屋さん、この日にタイル屋さん、この日に床屋さん入れたいので…」
木工事の進捗を確認しながら、棟梁と打合せ。
 
この時に決して「急いで」や「間に合わないよ」などの直接的な言葉には注意を払うようにしています。
木工事の終盤ともなると、造作家具等の仕上げなど、大工さんも神経を使いながらの作業が続きますので、
急いで失敗したり、粗い仕事をされても困ります。
内心は「次の段取りが決まってるし、ここでずれ込むと困るな…」と思いつつも、ぐっとこらえて、
「明日までにここを仕上げて、それが終わったら次はこっちで…」とやんわり段取りを細分化して工程を崩さないよう持っていきます(汗)
 
協力業者さんからはそんな遠回しに言うなよとツッコミが入りそうですが、人と人ですからね。
気持ち良く仕事はしてもらいたいものです。

段板と蹴込み板の段差をなくしたひな壇階段。
僅かに1mmの差をつけて納めています。材料はオーク集成板ですので、非常に堅く扱いにくいのですが、1mmのチリがきれいに納まるコツでもあります。
 
 
玄関土間のモルタルの様子。
表面が光ってます、左官職人の鏝さばきは美しいですね。
気温が高くなる時期は時間との勝負。乾ききる前に何度も鏝を走らせながらしっかりと押さえていきます。
 
↓下の画像をクリックすると左官職人が作業をしている様子をご覧いただけます。
 
※動画は音がでますのでご注意ください


タイトルにもある「悠々として急げ」、私の好きな言葉です。
単に急げ!と言われてしまうと、変に焦ってしまったりしますが、この言葉は何となく一旦気持ちを落ち着かせて、言葉を腹に落とす余裕が生まれる気がしています。
一方で決して歩みを止めない、強い意志を感じます。
 
悠々として急げ、そんな心持ちで竣工まで勤め上げます!