BLOG


ブログ

こんにちは!

設計の篠原です。

急激に寒さが本気を出してきました今日このごろ、如何お過ごしでしょうか。

 

早速ですが、今回は間接照明の名称について紹介致します。

 

まずはコーニス照明↓

こちらの間接照明の手法は鉛直面(壁)を照らす事に使用されます。

照明の設置の方法で鉛直面を照らす事により視覚効果的に明るさ感を確保できます。

和室の空間に縦向きに入れたりするとオシャレな感じが増します。

 

そしてコーブ照明↓

こちらは天井を照らした反射で柔らかな光を空間へ下ろす事ができます。

 

最後にバランス照明↓

上下に光を出す方法です。

コーニス照明とコーブ照明の合わせ技の様な感覚です。

 

間接照明を取り付ける場合、壁の質感や素材、色等で光の広がり具合が変わってくる事や、反射して器具が見えたり等に気をつける事が必要になります。

紹介できていない手法は、まだありますが住宅で必要とされる手法、名称に付いては、前回と今回で概ね紹介できたと思います。

全4回にわたって書かせて頂いた照明についてのブログですが、ここからは難しい内容が増えてくるので、また機会ができた際に「照明について」ブログを書こうと思います。

以上、篠原でした。