BLOG


ブログ

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。
 
いよいよ朝晩の寒さが本格化し、今週は中盤と終わりに雨が降る見込みですので傘はお忘れなく 、温かい服装でお過ごしください。
 
また今週末は、節分ですね。
福を巻き込むことから巻き寿司、縁が切れたり福が途切れたりしないように包丁で切ってはいけないとか、七福神にあやかり7種類の具が望ましいなどいわれています。
今年の恵方は『東北東』です。
しゃべると運が逃げてしまうため、食べ終わるまで口を聞いてはいけないとされていますが、皆さまもご家族で一人1本の巻きずしを食べて良い一年でありますように。
 
 
さて今回は表題にありますSE構法の加盟店さんのモデル住宅を1/21(月)・1/22(火)の2日間、福田と共に見学させていただきました。
 
初日は、東京吉祥寺にある『素箱』(SUHACO)コンセプトハウスです。
無駄を完全に削ぎ落とされた本当に必要なもの以外作らない、シンプルなデザインと空間を編集できる「可変性」のみをプラスされた素敵なコンセプトハウスでした。
 
『巣箱』https://suhaco.com
 
 
2日目は、群馬県高崎市にある渋沢テクノ建設株式会社のicocochiモデルハウス(いここち)です。
スッキリとしたデザインで、弊社と同じパッシブデザイン+温熱・空気環境に精通され独自の床下冷暖房設備を提案されている、羨ましいほどの70坪弱のモデルルームでした。
 
 
今回、訪問させて頂きいろいろなことを学ばせて頂きました、例えば単一部材でスッキリとしたデザインを構成されていたり、設計標準されていることでデザインも含め品質にばらつきが無いとか、スタッフの方たちにお話をお伺いし、沢山気づきのある有意義な2日間でした。
 
2社様には本当にお忙しい中、大変お世話になり有難うございました。