BLOG


ブログ

こんにちは。設計の鳴瀬です。

前回の実施打合せ①【構造・外構】に続いて、

今回は実施打合せ②【設備】について書きたいと思います。

 

この打合せは、主に照明・スイッチ・コンセントなどの電気関係の打合せです。

実施打合せ②で決める内容は、以下の通りです。

 

【照明】

・照明器具の種類、位置

【スイッチ】

・スイッチの位置

・3路スイッチにするかどうか

 ※3路スイッチとは、一つの照明器具に2ヵ所のスイッチが付き、どちらからでも点灯・消灯できるもののことです。

【コンセント】

・コンセントの位置、数

【外構】

・外部コンセント・立水栓の位置

・人感センサーやデイライトセンサータイプの照明にするかどうか

 

打合せ前に、弊社からお施主様に

照明・スイッチ・コンセント位置を記したこのような電気図ご提示し、お施主様に前もって見て頂きます。

実施打合せ②では、その図面からの変更点や追加要望などをお聞きします。

 

今回は、スイッチについて話したいと思います。

スイッチを考える上で必要なのが、

   新しい家の生活動線イメージ

です。

例えば、この図面。

キッチン上のダウンライトのスイッチにご注目ください。

このダウンライトのスイッチは、パントリー内のスイッチ①と、玄関側のスイッチ②で

点灯・消灯できるようにしています。

キッチンの照明のスイッチをパントリーにつけることは少ないのですが、

このお施主様の家の場合、パントリー内のスイッチ①が必要なのです。

 

なぜなら、パントリーにある勝手口から家の中に入ることが頻繁にあるから。

夜間にも勝手口から家の中に入ることを想定して、このパントリー内にスイッチをつけることになりました。

夜パントリーから家に入った時、すぐにキッチンも明るくしたい、とのお施主様のご要望です。

 

もしこの勝手口が、ゴミを出すためだけの勝手口の場合は、このスイッチはなくて構いませんね。

このように、プランやお施主様のライフスタイルによって、スイッチの場所や個数も変わってきます。

 

家の中をどのような動線で動くのか?(特に夜)

これを考えるのは、意外と想像力が必要です。

私達設計スタッフも、お施主様が新しい家でより快適に過ごせるように

想像力を日々働かせながら図面を書いています。

 

次回は、コンセントについてです。