BLOG


ブログ

久しぶりに仕事以外の話題でしょうか。
私が赤ワイン好きなのはあまり知られていないかも知れません(笑)。
とは言っても、世界のワインに造詣深い訳でもありません。
 
ところが、2015年の夏。
とあるお店で食事をしていた時のことでした。
室内に害虫が進入してきたお詫びとして、お店から出された「グラス一杯だけ」のワインがありました。
ソムリエの方が何やらそのワインについて語って頂いたのですが、出されたその時にはあまり気にも止めていませんでした。
でも、今でも飲んだ瞬間の衝撃が忘れられません!
その時以来、ずっと脳裏から離れることない味となりました。
それが、リッジの「モンテベロ|Monnte Bello」という銘柄でした。
 
カリフォルニア州サンタ・クララ郡に米国を代表する「リッジ・ヴィンヤーズ」という名門ワイナリーがあります。
所有者はなんと、ポカリスエットでお馴染みの大塚製薬さんです。
そのワイナリーで生まれたカベルネ・ソーヴィニヨン種である「モンテベロ」が世界No.1を獲得したのが2006年。
私が2015年に飲んだそれは、今では何年物か定かではありませんが、なんとなくあの時、
ソムリエの方が世界No.1なんやら・・・とおっしゃっていたような気がします(笑)。
 
ただ、モンテベロは高価過ぎて、そうそう飲めない銘柄なので、同じカベルネ・ソーヴィニヨン種の
「カベルネ・ソーヴィニヨン・エステート」が比較的手頃な値段でお勧めです。
その他にも、アメリカ象徴の黒ぶどうのジンファンデル種の銘柄も、よりお手頃価格でお勧めです。
赤ワイン好きの方なら、是非お試しになって下さい♪
 
日本の会社が所有するワイナリーが、今では世界が認める屈指のワイナリーであることに親近感を抱きつつ
今日もご褒美にちびちび頂きます♪
 
※リッジ・ヴィンヤーズHPはこちら→https://www.ridgewine.jp