BLOG


ブログ

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。
 
向こう一週間は、20度近くなる日も多くようやく暖かくなってきましたが、夜間は日中との寒暖の差があるため暖かい服装が必要ですね。
まだまだ帰宅時のロードバイクでは暖パンが欠かせません。
 
 
さて今回からニュースレターでご紹介した、居心地のいい、小さな家を2回に分けて、最適解を導くための方法論についてご紹介したいと思います。
 
 
土地探しからスタートされたご家族4人の2階建てのお住いです。
 
 
・敷地は伊丹市北部に位置し、北側に水路、4M道路の南東角地で、 住宅に囲まれた敷地は道路から1Mほど高低差のある第1種低層住居専用地域に指定された27坪の土地です。
 
 
ご要望は   
・大きな吹抜けのリビングがほしい
・リビングはバルコニーと繋がり一体感を演出 ・広めのバルコニーがほしい
 
 
上記要望をキーワードに、
変形の台形敷地を活かしながら、建物は東西にできるだけ長く配置し、 家事動線を考えほとんどの機能をワンフロアーに集約した、東西に長い吹抜をもつ家として計画をスタートさせました。
 
 
計画の課題及び提案として
1.小さく広く住まう為に家事動線を考慮したプライバシーの高いゾーニング計画
2.変形の台形敷地を活かした土地利用計画
 
 
検討を重ね最適解に至った方法論ですが、
1.お仕事をお持ちの奥様の家事動線を考えると、同一階の集約が欠かせません。
 しかし階の面積にゆとりがない場合、水廻りとパブリックスペースおよび干場が 同一階にあるとリビング・ダイニング・キッチンのスペースが十分に確保出来ません。
 そこで空間利用に可能性のある2階を選択する方法です。2階は法規制の範囲で高さ方向のスペースを余すことなく利用可能です。
最初に着目したのは敷地の高さで、道路から1M程高くなった敷地の残土をすべて処分することで北側に建物をギリギリまで寄せることが出来、南側は道路斜線に余裕ができるため、標準階高よりも高くして、東西に 長い吹抜けをつくることが可能となります。 
この吹抜けがあることで、2階に水廻りがあっても窮屈感を感じさせません。
南側の 干場兼用の大きなバルコニーは手すり高さを高くすることでプライバシーが守られ、カーテン等閉めきることなく、外部空間でありながら ダイニングからの一体空間として広く感じます。
2階の日射取得においても遮られるものがなく、終日暖かさの恩恵を享受頂けます。
 
 
 
※パブリックスペース(家族の共有スペースやお客を通す場所、リビング・応接室・ダイニングなど)
 
次回は計画の課題2.についてお伝えさせて頂きます。
 
◼お住まい拝見見学会(イベントレポート)