BLOG


ブログ

こんにちは。
カスタマーサポートの今西です(^^)

ついに、関西も梅雨明けしましたね。
本格的な暑い夏がやってきました!!


 

 

さて、今回は
『ショールーム見学のポイント#キッチン編』について
お話させて頂きたいと思います。
(↑以前、ショールームに勤めておりました)

おしゃれで使い勝手が良く、掃除のしやすい
「キッチン」って女性や主婦(主夫)の憧れですよね♪

リビングの中でもメインと言っていいくらい
インテリアの一部となる箇所です。
たくさんのメーカーがあり種類も豊富なのでいろいろと
迷ってしまいますが、キッチン選びはとっても重要で楽しいですよ~(^^)

(弊社では標準仕様のキッチンをご用意させて
頂いております。その他に気になるキッチンがあれば
色々と比較されてみるのも良いかと思います。)


そこでショールーム見学の
ポイントです!!

①実際に触って、使ってみる。

例えば
◾︎蛇口や浄水器
→水の出方、操作、蛇口の位置を決める事も
可能なので使い勝手の確認する。

◾︎コンロ
→IHとガスの違い。操作、スイッチのデザイン
お掃除の仕方などを確認する。

◾︎キッチン高さ
→「身長÷2+5」という計算が、おすすめの高さになります。靴を脱いで体験してください。
高めのスリッパを履かれる方や背の高い男性も
キッチンに立たれる事が多ければ
90㎝くらいの高さが最適かもしれません。

◾︎引き出しをたくさん開ける
→引き出しの開けやすさ、収納力、取り出しやすさ。
お持ちのお鍋などを想像しながら使い勝手の確認する。

◾︎キッチンと後ろのカップボードの距離
→余裕があれば、1mくらい開けると開放感もあり
作業しやすいです。冷蔵庫の位置も重要で
シンクに近い方が使いやすいと言われています。

◾︎排水口やレンジフード
→お掃除が嫌な箇所ですが、お手入れのしやすさや
レンジフードの取り付け高さを確認する。

②迷った部分は、メリット、デメリットをコーディネーターさんへ聞く。
→例えば「ステンレス」
メリットは、気兼ねなく使う事ができ、熱にも強く
耐久性がある。虫がステンレスを嫌うので寄せ付けにくい。
見た目もスタイリッシュでおしゃれ。
デメリットは傷が少し目立ちやすくもらいサビをする場合があるので
こまめな掃除とお手入れ理想。などあります。

③キッチンの扉色や天板は照明によっても違う事を忘れずに。

④写真撮影が可能であればたくさん、撮る。

……と、まだまだポイントがありますが
止まらなくなりそうなので今回はここまでにしておきますね(´-`)笑

やはり、カタログを眺めているだけでは
分からないので、ショールームで実際に見て
体験して頂く事が大切です!!

イメージが膨らみ、ますます
完成が楽しみになりますよ〜(o^^o)


 

 

 

 

先日、子供たちと地元のお祭りに参加しました。
私も幼い頃から参加している祭に子供たちが、はしゃいでる姿を見ながら《伝統って大切だなぁ〜〜》と思いました(^^)

では、また宜しくお願いします!!