BLOG


ブログ

こんにちは!

設計の篠原です!

 

新年、令和二年を迎えて早くも1ヶ月が経過しようとしています。

 

頑張ってブログ書いていきます。

 

今日は照明について!

LEDが普及し始めて長くなりますが、LEDは絶対切れないと思っていらっしゃる方も多いと思います。

ですが、大概のLEDの寿命は40000時間と表記されていることが多いです。(24時間毎日点灯し続けると4.5年)

この寿命というのは、蛍光灯や、白熱灯のように完全に点灯しなくなるまでの時間ではなく、大凡、初期照度の70%ほどの明るさになる状態のことを指します。

ちなみに

白熱球(電球)の寿命は1000〜2000時間(24時間点灯した場合41日〜82日)

蛍光灯で6000〜12000時間(24時間点灯した場合250日〜500日)です。

実際のところ使用頻度や1日の点灯時間などで年数は変わってきます。

その後も点灯はしていると思いますが、交換時期は7〜8年が目安になります。

 

日進月歩で技術が進んでいってると思うので、5年後には更に省電力で小さく、効率的で安価、そしてより長寿命な光源が出てきているかもしれません。

現状、最先端なのはスマートフォンやテレビなどに使用されている、有機ELかなと思っています。

 

以上、篠原でした。


イベント情報

 

明日!

 

来月中旬!

 

来月下旬!!