BLOG


ブログ

こんにちは。設計の鳴瀬です。

先日、大東市のHR様邸にて

外壁につける照明位置の現場検証を行いました。

現場は現在、絶賛木工事中です。

外装材も断熱材も仕上がっていないこんなタイミングに、なぜ現場検証をするのか?と思われる方もいると思います。

それは、外壁の吹付断熱を施工した後では、照明用配線を移動することはできず

吹付断熱施工前に照明位置を決める必要があるからです。

HR様邸では、中庭にある植栽まわりを照らすために

外壁の高い場所にスポットライトを設置します。

 

しかし、スポットライトを設置できるスペースの真下には建築庇があり

建築庇がスポットライトの光のじゃまになっていないか、確認する必要があるので

今回現場検証をしたのでした。

 

お家が完成してから、スポットライトを点灯して

「あれ、建築庇の影ができてる!(涙)」

とはなりたくないものです。。

 

これだけはCAD上だけでなかなか分かりづらいので、

実際に使うスポットライトを前もって購入し

外構工事屋さんと一緒に照明の位置確認をしました。

夕方に足場シートや雨養生シートを外し

照明点灯のための準備をして

夜になると、スポットライトを点灯させて位置の確認です!

 

写真では分かりづらいのですが、

スポットライトの高さを少し変えるだけで

影の出来方や、光のやわらかさもだいぶ違ったりと、面白い現場検証でした。

 

室内の照明計画だけでなく、外構の照明計画も一体感のある素敵なものにしたいですね。

完成が楽しみです。