BLOG


ブログ

[今回は虫についての記述です。苦手な方はご注意ください。なお、アリの写真は使っていません。]

先日、仲良くさせていただいているお施主様より、
アリが室内に入ってきて困っていると相談をいただきました。
私が入社して3年半ほどたちますが3件ほど同じような
ご相談をいただく機会がありましたので、一度情報を整理してみようと思います。
もしかしたら、相談されないままにアリと対峙されている方も
いらっしゃるかもしれませんし、どなたか、同じことでお困りの方の
お役に立てれば幸いです!

長くなりそうなので、全2回に分けてご報告します!


1)アリが活発になる時期
クロアリが活発に活動するのは、6月〜11月で居住内への侵入も
多くがこの時期に起こっています。
なお、シロアリの活動時期は4月〜9月頃と言われています。
シロアリとクロアリは全く種類の違う虫で、活動時期もずれています。

2)家に侵入しやすいアリの種類
クロアリといっても居住内へ侵入してくる種類とそうでない種類がいます。
問題となるのは、

①目的をもって家の中へ入ってくる
②繁殖力が強く大量発生する
③家の中に巣を作ってしまう

このような性質を持っている種類。
下記のサイトでは、「イビイロケアリ」「イエヒメアリ」
の二種類が上記の特性を持っていると紹介されています。

※アリの写真があります。苦手な方はご注意下さい!
(田舎センセイによる田舎暮らしでの悩み解決情報サイトhttps://inakasensei.com/kuroari

問題となる、といってもシロアリのように木を食べてしまうといったことはありません。
※ただし、腐った木材の中に住み着く種類の場合は、
木材をもろくしてしまうので注意が必要です。

ちなみに、私の実家で侵入してきたアリは「ヒメアリ」という種類のアリでした。
(イエヒメアリによく似ていますが、家の外に巣をつくるアリです。)

3) アリが餌とするものに関して
次に、アリが何を食べているかについてです。
アリも種類によって食べるものが違うようです。
吸蜜性のアリと、雑食性のアリがいます。
吸蜜性のアリは、花の蜜やアブラムシといった生き物から蜜をもらって食べています。
雑食性のアリは、虫の死骸や食べかす、蜜まで食べられるものは
何でも巣に持ち帰る修正があります。
雑食性のアリの中でも、動物性のタンパク質をより好むものや、
油を好むものなど様々な種類がいます。
家の中にアリをみつけたら、どの種類で何を好んで食べているのかを
把握することも駆除のためには大事になります。


今回はここまで!
長々と虫の話が続きました。
素敵なお家の写真などを見て、気持ちを癒やしていただければと思います♪

【完成見学会レポート】
窓一面の緑を楽しむ 切妻屋根の家(8月21日・22日開催)
https://www.fukuda-lld.jp/events/%3Fp%3D26331

中庭と空を望める青山台の家 (7月24日・25日開催)
https://www.fukuda-lld.jp/events/%3Fp%3D25749

【施工事例-STYLE BOOK】
パッシブZEH 山麓の家
https://www.fukuda-lld.jp/stylebook/?p=11916

四季の移ろいと共に暮す家
https://www.fukuda-lld.jp/stylebook/?p=23530