BLOG


ブログ

こんにちは!

顔に当たる風が完全に冬。

クリスマスがもうすぐやってくる。そんなワクワクな12月です。

どうも、設計の篠原です!

 

今日はタイトルに書きました小さなdownlightについて書こうと思います。

新築で一般的に使用されるdownlight、略してDLです。

どんなやつ?

↓こんなやつです

 

そして今回紹介したいのは

こちらの小さなDL

何が違うの?

トリムリングの大きさです!(外径の大きさ)

 

どれくらい違うの?

φ100のDLはφ114とかφ115の外径になっていることが多いですが

ちっちゃいDLは、Φ60!!

約半分です(ということは半分と言っても過言ではないでしょう!)

進化しましたねぇ。

 

そして、さらに小さいDLがこちら!!

 

!!

φ40です!!

 

大きさなりに光束が低く、少し心細いですが、手元の照度が欲しければ配光を絞ったレンズを使用し、照度を確保することもできますし、

壁面近くに配置して壁に光がかかることで、明るさ感を醸し出しちゃうこともできます。

本来ショーケースや、棚下や高さのあるニッチに使用されることが多い小さなDLですが、LEDの素子も日々進化して、かなりの照度を確保できるようにもなってきました。

キッチンの手元などどうしてもDLが欲しいという箇所が出てくるとき、そんな中でも天井はできるだけスッキリとさせたい!

お施主さんのご協力も必要ですが、打ち合わせで説明して是非使っていきたい代物です。

 

以上、急に照明について語りました、設計の篠原でした。