BLOG


ブログ

こんにちは、設計の古橋です。

日々家づくりに従事させていただくなかで、お客さまからお住まいに対する様々な想いやこだわりをお伺いし、
新たな気付きを得られたり感心させて頂いたりしておりますが、
改めて自分自身が家づくりに於いてことさらに魅力を感じるのは何だろう?と考えてみると階段かと思います。

それは単なる上下階間の移動手段のみにあらず、色々な機能を合わせ持ち、
プランによっては空間に広がりを与え、またインテリアの一部として愛でたくなる要素にもなり得ます。
そんな魅力的な階段を、担当させていただいたお住まいの中から幾度かに渡って振り返ってみようと思います。


MH様邸の鉄骨スケルトン階段。(3階建て狭小住宅 2-3階)
敷地形状を最大限に利用した、奥行きの長い建物の中央に位置する階段は、
3方向に3階建以上の建物が近接する条件下で、
LDKへの日射取得や導光、それから通風を意図してボイドと隣接して計画しています。

ボイドとは意図的につくられた構造物がない空間のことで、
MH様邸に於いては外部の吹抜け空間を指します。

また1-2階は木製階段ですが、ボイドからの導光を有効にすべく、
踊り場より上部はひな壇階段にして、手すりは3階から連続してスチールで製作しています。
建具や壁をガラスで製作することで、階段より手前側の玄関への導光も叶いました。


機能面から計画を開始した階段が、意匠性を具えるMH様邸の内部空間の顔となっています。

 

【関連ブログ】
竣工・お引渡し|ボイドを備える2間間口の家