BLOG


ブログ

総務マゴタ。
ワタクシ、無類の器好きでございます。

前職は好きがこうじて器のショールーム勤務。

普段ワタクシは陶石と言われる石から作られる器、世に言う「磁器」を愛用しております。
強度が高く扱い易いシンプルな焼き物です。

対する陶器。
陶土と言われる粘土から作られる、所謂「土モノ」と言われる器。
磁器と比べると柔らかく吸水性があるため、少々扱いに注意が必要な部分はございますが、
「石もの」にはない、土のならではの風合いとあたたかさを感じる焼き物です。

世間ではまるっと陶磁器と纏められがちですが、、

磁器=石(陶石)から作られる器。
陶器=土(陶土)から作られる器。

原料が違うわけですね。
意外としっかりとはご存知ない方が多いのではないでしょうか。

器はそれぞれの個性や用途によって使い分けることで楽しめるもの。
皆さま 器はお好きでしょうか?

多くある土モノの中でも岡山県備前市が産地の備前焼き。
ワタクシの友人は岡山で自身の窯を持ち創作活動を続ける備前焼き作家【安藤騎虎】

窯出しは春と秋の年に2回。窯出しのお知らせをいただく度に「岡山へ行きたいなぁ。。」
と思いながらも、このご時世の事もあり伺えずにおります。
ですが、徐々にこちら(関西)でのイベントや個展も再開ができるようになってきたようで
今週(5/18(wed)-25 (wed))は梅田阪急のスーク内で催事を開催する模様。

我が家へも恒例のDMが届いておりました。

今週ワタクシは備前焼きに触れ合ってみようかと存じます。

皆さまもご興味がございましたらどうぞお運びくださいませ。


■梅田阪急HP
https://www.hankyu-dept.co.jp/honten/information/souq/02/00962435/?catCode=101008
■安藤騎虎(鳴瀧窯)のInstagram
https://www.instagram.com/narutaki_bizen/?hl=ja