BLOG


ブログ

さて今回は『Sleeve wallハウス畦野』第1回、計画課題.①−1の最適解を導くための方法論についてご紹介したいと思います。
 
 
土地探しからスタートされたご家族3人の2階建てのお住いです。
 
 
 
計画地は2区画分譲地の南側、南分譲地の敷地形状はブーメラン型で翼に位置する部分が東と南、東には4M強の道路で北に向かって下り、周辺との敷地高低差は最大約1.0M上がっています。
西側には2階建住宅、敷地形状の翼に挟まれた南東部分に2階建のアパートが隣接して建てられ窓が接し、プライバシーへの配慮が必要です。
唯一南に間口5Mほどの抜けがあり、そこからは田園風景が広がり南山を望むことができる第一種中層住居専用地域に指定された約60坪の土地です。
 
 
 
ご要望は
・省エネな暮らし、無添加な暮らしを実現したい
・ランニングコストを抑えることができる家
・災害に強く、安心して暮らせる家
・家族でゆっくりと過ごしたい
・外を眺めながらお茶をしたい
 
 
 
計画の課題及び提案
①−2.土地利用計画とゾーニング計画
②.プライバシーの確保と終日日射取得の両立
 
 
 
検討を重ね最適解に至った方法論ですが、
 
①−1.今回の計画地は、周辺に2階建ての住宅が立ち並び南東角にアパートがあるため、プライバシーと明るさを両立させるための配置をどう考えるかを検討しました。
 
 
【周辺状況他】
北側は、2区画分譲地で庭を作る想定が予想され、敷地高低差はほぼなし。
 
西側隣接地は、1Mほど土地が下がった部分に2階建て住宅が立ち並び、開口部は無造作に配置されています。
 
東側には道路、南東の隣接地は西側と同じく約1Mほど下がり、2階建の単身者向けアパートで窓が沢山並び、プライバシー面が気になります。
 
南側は、特殊形状の敷地で間口約5Mほどが唯一視線による抜けがあり、田園風景が広がり南山を望むことができます。
 
このような状況から建物配置をどうするべきか検討に入りました。
 
 
【建物配置検討】
敷地形状から建物を配置できる床面積を確保できるのは、北西あたりです。
 
東の玄関アプローチから建物を配置できる間口は2間3,640ミリですので東正面から玄関を作ります。
 
北・西面については、設備機器配置のため約70センチ程度敷地境界から後退させます。
 
南面の敷地形状は間口約5〜7Mですが、西寄りに古小屋が建ち東寄りには間口5Mほどの抜けがあり、そこから田園風景が広がるため、建物の構造グリッドを東西に3・4グリッド(柱芯々910ミリが1グリッド)に分け西側には古小屋を隠すように樹木を配し、東寄りエリアには床から外部に連続するように縁側から高さを合わせた野芝のテラスを提案しました。
 
内部からの視線は庭までフラットな高さで連続する床、また天井高さに合わせたサッシ・軒天から空へと、隣接地側には軒先の出に合わせた袖壁で、庭が額縁を切り取ったとような感覚と背景に広がる田園風景を望むことができ、室内からはプライバシーが守られ隣接する建物を気にすることなく風景を楽しむことができます。
 
 
次回は計画の課題②.ゾーニング計画についてお伝えさせて頂きます。