BLOG


ブログ

さて今回は『ヌックリビングで過ごす吹田の家』第2回、計画課題.①−2の最適解を導くための方法論についてご紹介したいと思います。
 
 
土地探しからスタートされたご家族4人の2階建てのお住いです。
 
 
 
計画地は最寄駅から近く交通至便である為、周辺には共同住宅が多く立ち並んでいます。
南東側に4M未満の道路、敷地と道路はほぼフラットで、北西側の辺が長い台形地で北東から南西に長い敷地、道路の西側には視線の抜けが感じられ南西側隣接地に空地が広がる、第1種住居地域に指定された約40坪弱の土地です。
 
 
 
ご要望は
・寒くなく暖かい心地よい住まい。
・ヌックでゆっくり過ごす
・木の温もりを感じられるような内装
・外観は美しい家の佇まいにしたい
・庭でまったりとくつろぎたい
 
 
 
計画の課題及び提案
①−2.土地利用計画とゾーニング計画
②.プライバシーの確保と終日日射取得の両立
 
 
 
検討を重ね最適解に至った方法論ですが、
 ①−2.ゾーニング計画についてプロセスをご紹介します。
 
今回の敷地条件と要望から2階のリビング・ダイニング・キッチンは、プライバシーと室内から繋がる外部空間、土地利用上で順当に決定しました。
 
まずは建物面積を要望から1、2階に割り振り算出していきます。
 
算出の結果、1階の必要面積が総2階より大きくなり、約5帖分ほど1階に増床が必要になります。
 
2階の必要面積からリビング・ダイニング・キッチンと階段のゾーニングにあたりをつけ、1階の諸室から主寝室としては小さめのお部屋になりますが、前回の土地利用計画から要望にあった庭とのつながりを想定し下屋化した寝室が、庭と敷地の奥行きを等分する形で南西あたりにうまく納まりそうです。
 
次に総2階の構造グリッドから空間分けの検討に入ります。
 
南東から南西側に居室を設けるために、北西に収納・階段などの非居室を設け、北西側に2モジュール(柱芯々910ミリ×2=1,820ミリ)のグリッド内でスペースを作ります。
 
そこから道路側に向けてダイニング・リビングのスペースに必要な4モジュール(柱芯々910ミリ×4=3,640ミリ)を想定し、建物奥行きを決定し、各フロアーの必要面積から建物間口寸法を決定します。
 
南東から南西側には、10モジュールを等分に分けることで2階のリビング・ダイニング・キッチンをうまく空間分けできそうです。
 
諸室の多い1階のゾーニングを想定しながら2階のゾーニングを決定しますが、階段位置によって無駄な廊下などできないようにまた水廻りの諸室が分断しないように階段位置を北側隅に配置しました。
 
また折返し階段にすることで、建物中央に上がり効率よく諸室が配置できるようにしました。
 
 
では2階のゾーニングですが、階段の南東側にリビングでお客様を迎え入れ、南西側にダイニング・キッチンを配置しました。
 
構造耐力壁で囲まれたリビング空間を天井高、造付けソファ、間接照明で要望のヌック空間として設え、担当の篠原が提案をいたしました。
 
ダイニング・キッチンにおいては、リビングに視線が向かうように階段から上がったキッチン方向に扉を設け、後方にパントリー、ダイニングは勾配天井で伸びやかな演出と回遊動線を作り、南側にはデスクコーナー+本棚を設けました。
 
 
次に1階のゾーニングですが、北西側2モジュールを生かし南西側の主寝室に至るまで、階段から洗面→ランドリールーム→ファミリークローク→主寝室へと効率的な家事動線を提案しました。
 
また道路面の南側は将来2部屋に分けられる8畳程度の子供部屋を用意しました。
 
脱衣場と浴室においては、主寝室と子供部屋の中央に配し、玄関から廊下の突き当たりからウォークインクローゼットにもショートカットができるように廊下の長さを抑えるべく効率的に諸室配置を行いました。
 
1階は家事動線を効率的に行う諸室配置とし、2階では外部とのつながりから開放的なダイニング・キッチンと落ち着いたヌック空間のリビングで、豊かで安らげる空間にて過ごして頂きたいです。
 
 
次回は計画の課題②.プライバシーの確保と終日日射取得の両立についてお伝えさせて頂きます。