BLOG


ブログ

こんにちは。

2022年10月1日から、「長期優良住宅認定」や「低炭素建築物認定」が改正されました。

戸建て新築の大きな改正内容としては、建物性能の強化や、一次エネルギー削減量が上がったことです。

これはようやく国が住宅のエネルギー削減に向けて動き出したという事でしょう。
これからの住宅は、より一層省エネルギー性能を求められる家になっていくはずです。
地球温暖化へ向けた脱炭素の取り組みが加速していくことが考えられますね。

では、住宅の省エネルギー性能とはどうやって算出するのかご存知でしょうか。


住宅の消費するエネルギーは以下の項目に分けられます。
・暖房
・冷房
・換気
・照明
・給湯
・その他(家電,調理熱)


これらは電気やガスなどを使用しますが、それらの単位はバラバラです。(KwhやL、MJなど)
そこでこれらを一次エネルギーという値に置き換えることによって、
建物の消費エネルギー量を同じ単位で計算することができます。
※一次エネルギーとは、化石燃料や原子力燃料、水力・太陽光など自然から得られるエネルギーの事を指します。
これに対して、一次エネルギーを変換・加工して得られるエネルギー
(電気、灯油、都市ガス等)を「二次エネルギー」と呼びます。

この値はシミュレーションを行えるのですが、例えばこのように算出されます。

これは国立研究機関である建築研究所の公開しているプログラムで算出をします。
(4)一次エネルギー消費量の欄に、「設計一次」と「基準一次」という項目がありますが、
「設計一次」はこの物件が消費するエネルギーで、「基準一次」は床面積や設計地域によって変化する基準となるエネルギーです。(年間)

傾向としては暖房・給湯・その他のエネルギーが高く、全体の7割前後になったりもします。
その他のエネルギーは家電や調理(コンロ)なので、
住宅の性能に左右されないという意味で、「設計一次」と「基準一次」が同じになります。

太陽光発電やエネファームなどのコージェネレーション設備を搭載している場合は「設計一次」にこれが反映されます。
この場合発電して消費エネルギーを削減する形となりますので、マイナス表記となります。

この総和がご自身の住宅の一次エネルギー消費量となって、
基準一次エネルギーとの差で概ね基準となる住宅から何%程度削減できているか、
シミュレーションができる形となります。
この一次エネルギーをもう一度電気やガスの数値に直して、
契約されている電気・ガス会社の料金に当てはめてあげれば、
光熱費としてのシミュレーションまで行えますので、住む前からおおよその光熱費が判断できます。
(もちろん生活の仕方や契約されている料金体系によって変化しますが)

世界中で地球温暖化に向けて脱炭素の取り組みが加速していく中、
住宅の消費するエネルギーは近いうちに限りなくゼロになっていくはずです。
光熱費としてのメリットもありますし、次の代以降の地球のためにもなりますので、
ご興味持たれた方はぜひ弊社までご相談下さい。

 


【個別相談会(オンラインも可能)】
家づくりに悩んだら、フクダ・ロングライフデザインにご相談ください!
性能やデザインのことはもちろん、資金計画や土地探しまで、
家づくりに必要なすべてのステップをサポートします。
(土地探しや物件探しのお手伝いもしております)
詳しくはこちらから→家づくり相談会

 

 

【開催予定イベント・セミナー】
私たちと一緒に家のことを学びませんか?
これから家づくりをはじめる方おすすめの「家づくりアカデミー」や、
「家の裏側がみることができる構造見学会」「完成見学会」「お住い拝見見学会」
など様々なイベントを企画しております。ぜひご参加ください。
詳しくはこちらから→開催予定イベント・セミナー

 

 

【資料請求・お問合せ】
コンセプトブックや各種パンフレットお送りします。
ご意見やご質問などお気軽におよせください。

詳しくはこちらから→資料請求・お問合せ

 


耐震構法SE構法と無垢無添加による
「パッシブデザイン&リアルZEH」の家づくりを提供する設計工務店です。

新築の注文住宅や既存戸建て住宅の「性能向上リフォーム」、
中古マンションの「木のマンションリノベーション」にも取り組んでいます。

さらに、専属スタッフにより「土地探し・物件探し」もサポート致します。
大阪・神戸・奈良で、土地探し・物件探し、新築注文住宅、
リフォーム・リノベーションをお考えの方はお気軽にお問い合わせ下さい。

 

フクダ・ロングライフデザイン株式会社
〒553-0003 大阪市福島区福島8丁目17番14号
フリーダイヤル:0120-965-830
https://www.fukuda-lld.jp/