BLOG


ブログ

今回の台風21号は多くの方々が、これまでに経験したことがない恐怖を感じたのではないでしょうか。
まさしく風の威力とそれがもたらす恐ろしさを思い知った台風でした。
前日の進路予測から、スタッフ全員は自宅待機、私自身も事務所で作業着姿で待機と、今までの台風とは異なる異様な状況でした。
大阪でも1961年以来57年ぶりの45m/s超となる47.4m/sを記録したとのこと。
広範囲におけるその影響は、社会インフラの寸断や建物の損傷など、既に皆さんがご承知のところです。
 
実は、私はこの台風によって肉親を亡くしました。
9/4当日も仕事に関する危機管理に注力していた一方で、身内に対する配慮を怠った自戒の念に今も苛まれています。
ある大阪在住で四国出身の知人は言いました。
幼い頃から台風の暴風雨の恐ろしさを知っている者としては、大阪の人々の災害へ対する無防備さが心配だったと。
本当にそうだったかもしれません・・・。
 
 
今回の痛恨の出来事は、私の心に深く刻まれることになりました。
自然災害は地震だけではありません。
私たちが提供する家は、あらゆる自然災害を想定し、本当の意味で「安全」が確保できるシェルターであるできだと。
 
ますます地球温暖化が進み、私達がこれまでに体験したことがないほど、気象が荒れると言われています。
地震、それに備えた耐震性や液状化対策。
台風や低気圧、それがもたらす暴風や豪雨への対策。
私たちフクダ・ロングライフデザインの家づくりは、これらの自然災害をより身近なリスクとして捉えた取り組みを進めて参ります。