BLOG


ブログ

こんにちわ!

設計の篠原です。

 

前回、照明についてのブログを書かせて頂いたのですが、

この前の内容で出てきた、照度についてもう少し詳しく書きたいと思います。

ちょっとした雑学のようなものも書けたらなと思います。

 

ではでは

1Lx(ルクス)は、ロウソク1本の明るさと同じです。

真っ暗な部屋の中でロウソクをつけると、その明るさでも結構明るいです。

誕生日のケーキのロウソクをイメージしてもらうと、人の顔も認識できますよね!それくらいの明るいです。

お家の各部屋や、職場、用途などの明るさはJIS規格で照度基準という資料がありリビングなら50Lx、officeなら1000Lx、精密作業をするなら1500Lxと設定されています。

近年、officeでの作業はパソコンを使う作業が多い為1000Lxは明るすぎると基準が見直されいたります。

前回書いた、寝る前は照度を低くした空間で過ごすと睡眠の質が向上するという内容ですが、メラトニンの分泌なども地球の自転周期に合った約24時間周期のリズム(サーカディアンリズム)が関係しています。

サーカディアンリズムは人の体温、脳波、脈拍、呼吸数、ホルモン分泌などにも関係しています。

日中、高照度で覚醒した身体を、自宅では休息する身体へ整えてあげることで 睡眠の質が良くなるということへ繋がります。

特に間接照明の光は、胎児の時お腹で感じていた光に近い為、落ち着くなんて説もあります。

生まれる前から感じている光だから落ち着くのかもしれませんね。

 

 

ちょっと雑学的なもの入れたりして長くなってしまいましたが、照度については、まだまだ語らなければならないことが多いですが、それはまたの機会にと思います。

次回は色温度について、ちょっと詳しく書こうとおもいます。

 

12月16日に完成見学会をさせて頂くお家にも間接照明を入れています。お越しの際は間接照明も少し気にしながら見学してみて下さい。

12月16日完成見学会の詳細→https://www.fukuda-lld.jp/events/?p=14241&post_id=14241

その他イベント→https://www.fukuda-lld.jp/events/

 

以上、篠原でした。おやすみなさい。