BLOG


ブログ

昨日は、摂津市のKM様と、島本町のNT様の現場打合せに同行してきました。
当社の現場でのお施主様による打合せは、①上棟時 ②配線工事時 ③木工事完了時 ④引渡前と原則4回あります。
②の配線工事時の打合せ以外、私は全て同行するのですが、今回は2現場共に③の木工事完了時の同行となりました。
 
※KM様の現場検査の様子(設計担当:田中 現場監督:大塚)

年末のお引渡しを控えた両現場、この打合せの後は、左官工事(漆喰塗り)や塗装工事(食材塗料)による仕上げに取り掛かります。
外部は足場で覆われ、フローロングは養生材で覆われ、壁や天井は耐火ボードで被覆され、まだまだ仕上げの状態には程遠い状態です。
 
※NT様の現場検査の様子(設計担当:鳴瀬 現場監督:松尾)

しかし、お施主様に現場の進捗に伴い、自邸の出来上がり具合をご確認頂くことは、注文住宅の楽しみの大きな要因の一つですし、何よりお施主様が家づくりを実感される醍醐味だと思っています。
 
また、この段階で、私の気付きなどを現場にフィードバックします。
時には、設計担当と現場監督、大工棟梁に改善を要求することもありますが、それは一重にお施主様に言い訳のないモノをお渡ししたいからに尽きます。
 
このような理由から、設計担当と現場監督(+ときどき私も)がお施主様を現場にお招きし、進捗の確認や打合せを重ねる必要があります。
 
  
KM様、NT様、台風21号の影響もあって長らくお待たせしてしまいましたが、お引渡しまで今しばらくお付き合い下さい♪