BLOG


ブログ

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。
 
今週は、高気圧に覆われて最高気温が10度超えの一週間となり、寒さの厳しかった先週より比較的過ごしやすい一週間となりそうです。
ただ中旬以降は雨の予報ですので、傘はお忘れなく。
 
 
 
 
さて今回からニュースレターでご紹介した、吹き抜けが広がる2階リビングの家を3回に分けて、最適解を導くための方法論についてご紹介したいと思います。
 
 
土地探しからスタートされたご家族3人+ペットの2階建てのお住いです。
 
 
・南側に歩道付きの7M道路で周辺には住宅が建て込み、敷地は南北に長く、第1種住居地域に指定された間口8M約33坪の土地です。
 
 
ご要望は   
・中庭が理想
・中庭の樹木が見え一日の疲れが癒せる浴室が希望
・リビングとダイニングは適度な距離感がほしい
 
 
上記要望をキーワードに、
居住スペースは建物をL型配置として、駐車スペース上部を屋根化させすることで囲み感を作り出し、リビングとダイニングキッチンの双方が、中庭に繋がりながらも性格の違う空間となるようリビングは落ち着きを、ダイニングキッチンは広々開放的な吹抜けのある家として計画をスタートさせました。
 
 
計画の課題及び提案
1.中庭を活かす為のゾーニング計画
2.ひとつながりのリビング・ダイニングキッチンで落ち着きのあるリビング空間にするためには
3.プライバシーを考慮した終日日射取得と日射遮蔽の提案
 
 
検討を重ね最適解に至った方法論ですが、
1.まず土地利用計画を行う上で、中庭スペースをどこに配置するかですが、できるだけ落ち着いた空間としたい為、敷地中央付近にスペースを作りたいと考えます。
周辺建物を考慮して検討した場合、西側の建物は築年数が浅く左官外壁のテクスチャ―を借景に生かすことができ、駐車スペースも西側にすることでコンパクトな車の乗り降り、さらに南西からの通風などを考慮した結果、建物を北・東面L型に配置、駐車スペースを南西側に、その北側に中庭を配置しました。
中庭を配置する場合は土地利用上、中庭周辺にあらかじめ想定した諸室のボリュームを検討しておくことが重要です。
 
【道路から駐車スペース・中庭】
 
 
1階においては、ご主人の要望でもある浴室・洗面、廊下(縁側)からつながる寝室、さらに就寝されるベッドからも視覚的に中庭とつながります。
 
【1階ローカから中庭】
 
 
2階は、リビング・ダイニングキッチンを中庭に面するように東と北に分散配置し、サッシは掃き出しサッシとすることで、より中庭との繋がりを意識しました。
さらに駐車スペースを屋根化することで道路からの視線を防ぐことができ、夏期以外では20帖ほどの空間が、1日じゅう開放的に緑の中庭と繋がり30帖ほどの気持ちのよい空間へ変化することになるでしょう。
 
【2階リビングから中庭】
 
 
次回は計画の課題2.についてお伝えさせて頂きます。
 
 
◼お住まい拝見見学会(イベントレポート)
◼スタイルブック(吹き抜けが広がる2階リビングの家)