BLOG


ブログ

会社の規模の大小に関わらず、経営者には経営の計器が必要です。
 
一般的な財務三表(損益計算書・貸借対照表・キャッシュフロー計算書)以外にも、
経営には大雑把に分けても12の計器があると言われています。
ただ、そんなに沢山の計器を常に監視するのは私の能力を超えているので(汗)、
私は「経営のコックピット」というエクセルシートで一覧できる計器を持っています。
 
この航空機の操縦室から命名されたコックピットという考え方。
当社の顧問税理事務所の所長さんが考案されたのですが、今では当社の経営の羅針盤として欠かせないものとなっています。
そのコックピットに送られる数値データの確認が、「会計監査」と「月次会計報告会」。
各担当が事前に提出した月次データを、顧問会計事務所の会計士さんに毎月定期的に報告会を開いて頂きます。
 
毎月1回、スタッフ全員が忙しい業務の手を止めて集まります。
現状の業務状況・数値の報告、来月以降の展望を確認し合います。
今日はちょうど2月度のその日でした。
しかし、その場の写真を撮り忘れましたので、引退したスペースシャトルのコックピットの画像を借用です(汗)。
 
これからも健全な永続的な経営のため、スタッフ全員でこの計器を確認し合いながら継続していきます♪