BLOG


ブログ

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。
 
さて今回はニュースレターでご紹介した、『勾配天井のダイニングキッチンがある住まい』後編の最適解を導くための方法論についてご紹介したいと思います。
 
 
土地探しからスタートされたご家族2人の2階建てのお住いです。
 
・敷地は貝塚市北部に位置する利便性の良い駅前分譲宅地で、南東側に6M 道路・南西側には遊歩道の南西角地で、 敷地はほぼ道路と同じレベルの用途地域指定無しの約50坪の土地です。
 
 
ご要望は   
・ウッドデッキと繋がる広々とした大きなリビングがほしい
・ランドリースペースと繋がる干場がほしい
 
 
上記要望をキーワードに、
お仕事を持つ奥様の家事動線を考慮したゾーニング計画を行い、上下階の面積配分から平屋棟に大きな勾配天井のある家として計画をスタートさせました。
 
 
計画の課題及び提案として
1.東西に長い建物を活かした効率のよい家事動線並びに土地利用計画
2.プライバシーを考慮した終日日射取得と日射遮蔽の提案
 
 
検討を重ね最適解に至った方法論ですが、
2.敷地は東西に長く、北方位は東側に45度の傾きをもつ特性を活かしながら、日の出から日の入を考慮し南西の位置にも1階LDKに繋がる畳コーナーを配置することで、冬期の終日日射取得が可能となります。
更に平屋棟ダイニング・キッチンの南側天井高3.8Mに位置する勾配天井頂部から日射取得する窓は、ブラインド等がなくても道路を挟む向かいの2階からの視線も気にならない高さで、北側奥のキッチンまで明るさ・暖かさを運んでくれます。
また夏期の日射遮蔽においては、道路際のウッドフェンスと樹木をランダムに配置することでプライバシーが守られ、窓においては室内外で日射遮蔽を行います。
内部においては、ハニカムサーモスクリーン、窓の外側では可動ルーバー雨戸を使用します。日射取得・遮蔽を両立させることで、エネルギーロスの少ない省エネで快適な住まいとなります。
 
 
 
※ハニカムサーモスクリーン(断熱・省エネ効果が得られ、蜂の巣構造のスクリーンが熱の出入りを防ぎ、室内にありながら90%近い遮蔽効果があり、障子のような柔らかい明るさを確保できます)
 
※可動ルーバー雨戸:風通しを確保しながら防犯も可能な通気型引込雨戸、ルーバーが可動するため、日射をコントロールできる他、夏期夜間の防犯にも役立ちます。