BLOG


ブログ

こんにちは。
先週28日がブログ担当日だった宮嶋です。

当日がコロナワクチン2回目接種でしたので、副反応の経過と役に立った装備について
お話しようと意気込んでいましたが、例にもれず39度近い熱で撃沈。
本日30日も熱と頭痛、倦怠感に見舞われております。

1回目は倦怠感と腕の痛み、耐えられる程度の発熱くらいでしたが、
2回目の副反応はレベルが違いました!
※個人差がありますので、全員がこうなるわけではありません。

当日夜に36.7度〜37.0度まで熱が上がり、腕も少し痛かったため、一緒に打ちに行った夫と
「副反応だね!今免疫ができてきてるよ!」などと言い合っていました。

きつかったのは、深夜から!
熱と頭痛!腕の痛みなんて感じないくらいでした。

朝起きると(←ほぼ寝ていませんが)動けない!
そんなときに限って早起きする息子1・・・
必死で朝ごはんを用意して(パンと野菜ジュースとヨーグルトだけですが)撃沈。

実家へ子どもたちを預けたら、痛みと熱にひたすら耐える!!

 

トイレと食料の補充以外で布団からでていません(汗)

そしてこの日の夜は日中寝すぎたことで眠れなく(笑)
まだ頭痛も熱も残っていましたが、ピークを耐えきった私には大したことないレベルでした(薬の力はしっかり借りておりますが)

次の日(今日ですね)の朝は、少しふらつきはするものの、
いつものように活動することができましたよ!
私の場合は、ぶり返したようで悪化しておりますが、夫は元気に仕事に行きました。
私もきっと明日の朝には全快している、はずです。

さて、そんな感じで2回目の副反応を乗り越えつつある私ですが、
準備は色々としておりました。
その中で、あってよかった!と感じたものをご紹介します。
よく見聞きしているものもあるかと思いますが、お付き合いください♪


 

あってよかったもの

①ポカリスエット
冷たくしたポカリやアクエリアスは必須です!
最初に水を用意していたのですが、必要分摂取することができませんでした。

②薬(ロキソニン、イブA、テラポニン頭痛薬)+水(お薬用)
副反応に効くと言われているお薬は色々あります。
鎮痛成分の入っているお薬は連続服用の時間が決められています。
私は時間の短いロキソニンが使いやすかったです。
(切れてから耐える時間が短くて済むため)

③凍らせたゼリー
保冷ボックスで保冷剤代わりに、食べる際も口腔内を冷やしてくれるので、
するりと食べることができました。

④保冷剤
冷たくなりすぎないように注意しながらタオルに巻いて頭を冷やしたりしていました。
(体に当てたまま寝てしまうと凍傷等の危険があるので、注意してください!)

⑤冷感素材のシーツ
意外にこれがとっても良かったです!
暑いけど、保冷剤では一部分しか冷えないし冷えすぎるし、、、というときには、
ちょっとだけ体をずらしてあげれば熱がほどよく取れて気持ちが良かったです。

 


副反応については様々な情報が飛び交っていますが、避けて通れないのだから
「風邪や病気ではなく、ここまで熱がでる経験はなかなかできないぞ!くらいの気持ちで臨もう」
と考えていました。

また大切な人たちに会いに行ける第一歩と思えば、辛さも忘れます。
辛かったですけどね!