BLOG


ブログ

こんにちは。

いよいよ電気代も上がってくるという情報も出回ってきましたね。
今日は、前回説明した一次エネルギーと電気代の関係についてご説明させていただこうと思います。
前回のブログ→https://www.fukuda-lld.jp/blog/?p=32405

前回、”住宅の消費するエネルギーという物は「一次エネルギー」という値に変換できる”という説明をしました。
前回説明し忘れましたが、このときの単位は「J(ジュール)」となります。
※Jだと値が大きすぎる為、一般的には「MJ(メガジュール)」や「GJ(ギガジュール)」を用いる場合がほとんどです。
  1000000J=1MJ
  1000MJ=1GJ

この一次エネルギーが少なくなるほど住宅の消費するエネルギー
すなわち光熱費は少なくなっていくのですが、例えばこんな計算が可能です。

「建物のスペックや設備を変更することで、年間10GJの削減を想定した」
 この場合、10GJの光熱費は円に換算するといくらになるのでしょうか。

まず、10GJを電気料金の単位である「kWh」に変換します。
国の定めた省エネルギー基準によると、「9.76MJ=1kWh」となっています。
(これは、電気の送電ロスなども含めた値のようです。)
これを変換すると、1MJ=約0.10246kWhとなります。
10GJは10000MJとなるので、先程の基準によると約1024kWhとなることが分かります。
つまり、年間で10GJの一次エネルギーを削減したというのは、
年間で1024kWhの消費電力を削減したという事になるのです。

さらに関西電力の料金表を見ると、以下のようにあります。

現在の関西電力の従量電灯Aの料金表によると、
電力料金の単価は¥25.71/kwh(※総使用量によるので、参考までに)となっています。
2022年11月分の燃料調整単価は「¥2.24/kWh」
同じく現在の再生可能エネルギー発電促進賦課金単価は
「¥3.45/kWh」これら全てを足すと、¥31.4/kWh となります。

10GJの削減分は1024kWhの削減でしたので、これを計算すると
31.4×1024=約¥32,153となります。
年間¥32,153の削減となると、中々大きいですね。

電気料金プランによって差は出るでしょうが、こうやって計算をしてあげると、
新築時に少し建物スペックや省エネ設備にお金を使ってあげても
どのくらいで回収できるかが少しわかりやすくなります。

これから電気代は上がる一方だと思いますので、ぜひこのように試算して投資してみてはいかがでしょうか。


【個別相談会(オンラインも可能)】
家づくりに悩んだら、フクダ・ロングライフデザインにご相談ください!
性能やデザインのことはもちろん、資金計画や土地探しまで、
家づくりに必要なすべてのステップをサポートします。
(土地探しや物件探しのお手伝いもしております)
詳しくはこちらから→家づくり相談会

 

 

【開催予定イベント・セミナー】
私たちと一緒に家のことを学びませんか?
これから家づくりをはじめる方おすすめの「家づくりアカデミー」や、
「家の裏側がみることができる構造見学会」「完成見学会」「お住い拝見見学会」
など様々なイベントを企画しております。ぜひご参加ください。
詳しくはこちらから→開催予定イベント・セミナー

 

 

【資料請求・お問合せ】
コンセプトブックや各種パンフレットお送りします。
ご意見やご質問などお気軽におよせください。

詳しくはこちらから→資料請求・お問合せ

 


耐震構法SE構法と無垢無添加による
「パッシブデザイン&リアルZEH」の家づくりを提供する設計工務店です。

新築の注文住宅や既存戸建て住宅の「性能向上リフォーム」、
中古マンションの「木のマンションリノベーション」にも取り組んでいます。

さらに、専属スタッフにより「土地探し・物件探し」もサポート致します。
大阪・神戸・奈良で、土地探し・物件探し、新築注文住宅、
リフォーム・リノベーションをお考えの方はお気軽にお問い合わせ下さい。

 

フクダ・ロングライフデザイン株式会社
〒553-0003 大阪市福島区福島8丁目17番14号
フリーダイヤル:0120-965-830
https://www.fukuda-lld.jp/