BLOG


ブログ

前回のブログでは、リーダーとしての私や千知岩チーフの上司学について触れました。
 
実は、当社ではリーダー以外のスタッフ全員が、各自の専門分野以外に、共通知識として一年間を通じて学んでもらう必須講座があり、
今回はその内容について触れたいと思います。
 
その講座は、プレジデントアカデミーによる、その名も「経営の12分野」。
私が敬愛する「戦わない経営」の著者・浜口隆則氏が開発された講座です♪

「プレジデント=組織のトップ」の意味合いから、当社スタッフも最初は半信半疑で受講していますが、
1ヶ月に1分野、1年間で12分野を学び終えた頃には、我々の会社の営みとは何なのか?が理解できている筈です(汗)。
先ず、会社のビジネスモデルを「商品力」と「営業力」と「管理力」の3つに大分し、それらをさらに4つに細分化します。
 
◼商品力
①ミッション
②商品力の29Cuts
③ポジショニング
④ブランディング
 
◼営業力
⑤集客力
⑥見込客フォロー
⑦サイレントセールス
⑧CLVマネージメント
 
◼管理力
⑨経理・財務
⑩チームビルディング
⑪仕組み化
⑫投資とリスクマネジメント
 
ざっとこんな具合です。
最初に私が受講したのが、確か2013年でした。
これまでの5年のサイクルの間、私や千知岩チーフはもちろん、社員全員が受講し、今ではパートタイム勤務のスタッフさんまで浸透しています。

また、浜口さんの「戦わない経営」は、フクダ・ロングライフデザインの経営理念として、今では深く浸透しています。
迷った時はこられの基本に立ち返り、これからも愚直に進んで参ります♪