勾配天井にドーマーのある家

奈良県奈良市 / 夫婦2人+子供1人

  • 0.47 BEI
  • 0.44 UA値
  • 0.30 C値
  • 2.8 ηAH
  • 0.9 ηAC

異勾配屋根に設けたドーマーが特徴的
内部は立体的な空間の広がりを持たせました

  • #中庭
  • #30坪台

外観は異なる勾配を持つ屋根に、特徴的なドーマーを設けました。

高さを低くして建物のボリュームを抑え、セメントの風合いを生かした無垢の建築素材で仕上げています。

ドーマーは採光と眺望を意図して計画したもので、2階の子ども部屋の内部建具から視線が抜けます。

1階に家族の集うLDKと水回り、2階には居室とファミリークロークを配置。均整の取れた平面計画に対して、屋根なりの勾配天井や各エリアをつなぐ造作建具、またパブリックエリアを緩やかに仕切るスケルトン階段が作用して、立体的な空間の広がりを持ちます。

寝室とリビング、子ども部屋とダイニング、リビングと土間。それぞれの間に開閉できる造作窓を設け、立体的な空間のつながりを意図しています。

古橋慶一

建築概要

設計担当
千知岩賢二 古橋慶一
建築概要
SE構法2階建て
建築面積
64.59m2(19.54坪)
延床面積
102.62m2(31.04坪)
施工面積
115.93m2(35.07坪)
敷地面積
241.32m2(73.00坪)
建ぺい率
26.77%
容積率
42.52%
耐震等級
等級3(最高等級)
耐風等級
等級2(最高等級)
断熱等級
等級6
温熱地域区分
6地域
年間日射量地域区分
A4区分
用途地域
第一種低層住居専用地域
防火地域
法22条地域
耐火構造
防火構造

住まいの省エネ性能

省エネ性能測定値

BEI
0.47
年間冷暖房負荷
129.08 MJ/(m2・年)
UA値(外皮平均熱貫流率)
0.44 W/m2・K
Q値(熱損失係数)
1.55 W/m2・K
C値(相当隙間面積)
0.30 cm2/m2
ηAH値(冬の日射熱取得量)
2.8
ηAC値(夏の日射熱取得量)
0.9

弊社基準値:UA値0.46W/m2・K以下、Q値1.6W/m2・K以下、C値0.5cm2/m2以下

年間光熱費比較

  • 一般の家省エネ基準
  • MI様邸
  • 25.62万円
  • 14.83万円 42%節約
  • 0
  • 5
  • 10
  • 15
  • 20
  • 25
  • 30
  • 35
  • ※基本料金なし、電気:¥28/kwh、ガス:¥150/m3
  • ※一般の家の省エネ基準は「H28年度省エネ基準」の性能値です

各種仕様

  製品 熱貫流率 熱損失
断熱 屋根 外側 硬質ウレタンフォーム2種2号 36mm 熱貫流率 0.22W/m2K 熱損失 15.47W/K
内側 吹付け硬質ウレタンフォームA種3 120mm
内側 高性能グラスウール16K 120mm 熱貫流率 0.36W/m2K 熱損失 54.12W/K
基礎 内側 硬質ウレタンフォーム2種2号 36mm   熱損失 20.69W/K
開口部 樹脂サッシ・木製サッシ|Low-Eペアガラス 熱貫流率 1.55〜2.33W/m2K 熱損失 42.30W/K
玄関扉 木製断熱玄関ドア 熱貫流率 1.78W/m2K
熱損失合計 132.58W/K ÷
外皮表面積合計 305.27 m2 =
UA値 0.434W/m2K
  製品 備考
空調 ルームエアコンディショナー 各居室エアコン(リビングは床置きエアコン)
換気 ガス潜熱回収型給湯器 比消費電力 0.11W/(m3/h)
給湯 ガス潜熱回収型給湯器 モード熱効率 92.5%
照明 すべての機器においてLEDを使用  
創エネ    

一次エネルギー消費量

  この家の設計一次エネルギー 基準一次エネルギー 削減率
暖房設備 12587MJ 25981MJ 51.55%削減
冷房設備 2392MJ 10253MJ 76.67%削減
換気設備 1941MJ 4389MJ 55.78%削減
給湯設備 16056MJ 24723MJ 35.06%削減
照明設備 5085MJ 15008MJ 66.12%削減
調理その他家電設備 21052MJ 21052MJ -
発電設備の発電量のうち自家消費分 - - -
コージェネレーション設備の売電量に係る控除量 - - -
売電 - - -
59113MJ 101406MJ 41.7%削減

※基準一次エネルギーとは、住宅の省エネルギー基準における、地域や床面積などを考慮して定められた一次エネルギー消費量の基準値のことです。

資料請求はこちら