Place|里山住宅博2016(モデルハウス)2016年

神戸市北区 / 夫婦2人+子供2人

  • 0.46 BEI
  • 0.35 UA値
  • 0.30 C値
  • 1.2 ηAH
  • 0.9 ηAC

Place|里山住宅博2016(モデルハウス)

  • #中庭
  • #30坪台

豊かな自然の恵みを生かし、快適設備や創エネも組み合わせたパッシブZEHの家

神戸市郊外の豊かな自然の恵みを活かしたゼロ・エネルギーハウス(ZEH)です。

耐震等級3を設計標準とするSE構法で高度な耐震性を備え、パッシブデザインで自然エネルギーの恵みを活用。 最小限の設備で快適性を実現する床下段冷房システム(パッシブ冷暖)、太陽光発電による創エネ、さらに温湿度はもちろん、使うエネルギーも創るエネルギーも可視化し、リアルタイムで共有できるIoT技術を搭載しています。プランは南北に長い敷地に対し、大胆に中央に階段を配置。

明るい光の差し込む吹き抜けのある南側のダイニングや、北側に一段下がったリビングは家族のくつろぎの場に。 一人の世界にこもりたいときは、里山を望む書斎へ。

2階には眺望の開けた浴室、多目的に使える陽だまりのキャットウォーク、夕涼みのできるバルコニーなど、多彩な空間を擁しています。

間取り、性能、機能、意匠のバランスに優れた住宅です。

千知岩賢二

建築概要

設計担当
千知岩賢二 中井望記子
建築概要
SE構法2階建て
建築面積
75.78m2(22.92坪)
延床面積
115.58m2(36.09坪)
施工面積
131.26m2(39.71坪)
敷地面積
180.53m2(54.61坪)
建ぺい率
41.98%
容積率
64.02%
耐震等級
等級3(最高等級)
耐風等級
等級2(最高等級)
断熱等級
等級6
温熱地域区分
6地域
年間日射量地域区分
A4区分
用途地域
第一種中高層住居地域
防火地域
法22条地域
耐火構造
防火構造

住まいの省エネ性能

省エネ性能測定値

BEI
0.46
年間冷暖房負荷
164.41 MJ/(m2・年)
UA値(外皮平均熱貫流率)
0.35 W/m2・K
Q値(熱損失係数)
1.40 W/m2・K
C値(相当隙間面積)
0.30 cm2/m2
ηAH値(冬の日射熱取得量)
1.2
ηAC値(夏の日射熱取得量)
0.9

弊社基準値:UA値0.46W/m2・K以下、Q値1.6W/m2・K以下、C値0.5cm2/m2以下

年間光熱費比較

  • 一般の家省エネ基準
  • ID様邸パッシブZEH
  • 31.25万円
  • 0.60万円 98%節約
  • 0
  • 5
  • 10
  • 15
  • 20
  • 25
  • 30
  • 35
  • ※基本料金なし、電気:¥28/kwh、ガス:¥150/m3
  • ※一般の家の省エネ基準は「H28年度省エネ基準」の性能値です。売電単価¥31/kWh(2016年度)

各種仕様

  製品 熱貫流率 熱損失
断熱 屋根 外側 フェノールフォーム断熱材1種2号 35mm 熱貫流率 0.23W/m2K 熱損失 14.95W/K
内側 フェノールフォーム断熱材1種2号 60mm
W断熱 外側 フェノールフォーム断熱材1種2号 20mm 熱貫流率 0.26W/m2K 熱損失 51.22W・K
内側 高性能グラスウール16K 120mm
外気に接する床 内側 フェノールフォーム断熱材1種2号 105mm 熱貫流率 0.26W/m2K 熱損失 0.32W/K
基礎 内側 硬質ウレタンフォーム2種2号 36mm   熱損失 16.47W/K
開口部 樹脂サッシ|Low-Eペアガラス、真空トリプルガラス 熱貫流率 0.98〜1.75W/m2K 熱損失 35.14W/K
玄関扉 木製断熱玄関ドア 熱貫流率 1.1W/m2K
熱損失合計 1180.10W/K ÷
外皮表面積合計 344.38 m2 =
UA値 0.343W/m2K
  製品 備考
空調 ルームエアコンディショナー パッシブ冷暖+2階各居室エアコン
換気 第三種換気システム 比消費電力 0.03W/(m3/h)
給湯 電気ヒートポンプ給湯器 JIS効率 3.3
照明 すべての機器においてLEDを使用  
創エネ 太陽光発電 5.12kW

一次エネルギー消費量

  この家の設計一次エネルギー 基準一次エネルギー 削減率
暖房設備 13641MJ 46563MJ 70.7%削減
冷房設備 6497MJ 5010MJ -29.68%削減
換気設備 656MJ 4621MJ 85.8%削減
給湯設備 19820MJ 27810MJ 28.73%削減
照明設備 5727MJ 17331MJ 66.96%削減
調理その他家電設備 21241MJ 21241MJ -
発電設備の発電量のうち自家消費分 -17126MJ - -
コージェネレーション設備の売電量に係る控除量 - - -
売電 -36716MJ - -
13740MJ 122576MJ 88.8%削減

※基準一次エネルギーとは、住宅の省エネルギー基準における、地域や床面積などを考慮して定められた一次エネルギー消費量の基準値のことです。

資料請求はこちら